ニキビ跡で悩んでいる人は少なくないと思います。

 

そのニキビ跡を治すために様々なスキンケアを行っていると思いますが、

実は食べ物でも改善に繋がるものがあるのです。

 

たとえばお肌のターンオーバーを促進させる食べ物を食べることでも改善される可能性があります。

 

主な食品としては肉や魚などのタンパク質はコラーゲンを生成するために重要で、

レモンやブロッコリーに含まれるビタミンCと一緒に摂取することでさらにコラーゲンの生成を助けてくれます。

 

他にもレバーや海藻類に含まれる鉄分や亜鉛、

ミネラルなども重要でこの成分は体内で作り出すことが出来ない成分です。

 

さらに人参やほうれん草に含まれるビタミンAは古くなった角質を剥がれ落ちるのを

促す作用があるのでニキビ跡にも効果的と言えます。

 

逆にニキビが出来やすい食べ物として脂っこい食事やスナック菓子、

ファーストフードなどはニキビが出来やすくなるだけではなく、

ニキビ跡も出来やすい肌質を作り出す可能性があるので食べる量には十分注意が必要です。

 

ニキビ跡の改善は肌の外側のケアももちろん大切ではありますが、

内側からもケアしてあげることでより改善に繋がりますし

美肌を作ることも出来るので食生活にも気を使うことも大事なのです。